スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
11・11(火) ためらう者。
今日は証券口座から全額出金するために株には手を出さず。

なんだかなぁ。最近どーも投機に身が入らない。
一番の原因はやっぱり「借金による投機」への嫌悪感なんだと思う。

躊躇する者は負け、ためらわない者は勝つ

という格言からすると、今の私は「借金による投機」に躊躇し、ためらいながらやってるので、なかなか結果がともなわないのだと思う。
昨年・一昨年は、そこらあたりへの躊躇・疑問はあまりなかった気がする。そーゆー時って、まれに大きく勝つことがある。もちろん大きく負けることもあるが。

今の私は去年とかに比べて投機において成長しているという感じがしない。
むしろ客観的に冷静に考えるようになった分、臆病さばかりが目立つ。

例えば元金100万を作りたいと思った場合。
一番確実と思えるのは、とにかく働いてコツコツ貯めていくやり方。
常識的であり、真っ当だ。
もう一つ、今までの私の発想であり、確実性のないやり方として、100万借りて投機をし、倍にするというもの。そんな上手くいくかっ!て感じだし非常識的だ。

ただ・・・。借りてる100万をプレッシャーを感じながらも倍にする、このくらいの事が達成できないようじゃ、投機なんてやってけっこない!とも思う。

おそらく投機は、将棋と同じで技術と感覚を磨くほど上達できる世界であり、そのためには研究・実践・復習を毎日毎日、繰り返していくことが全て。
ただ、将棋と最も違う点は、将棋は情熱がある限り続けていけるが、投機は情熱があってもカネが尽きたら続けられないということ。なので常に「現状、いくらまで負けても人生的に大丈夫か」という点だけは押さえておく必要がある。
11/11 15:22 |  | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://zensintoukika.blog25.fc2.com/tb.php/143-337efbe7
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 hossy All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。