スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
10・3(金) 投機と商売。
花粉症っぽい症状が嘘のように治まり、体調がすごく良い。
やはり体調・健康は大切だ。気持ちの前向きさが全然違う。


過去は変えられないが、その意味を変えることは出来る


という言葉がある。
ここ数年の出来事、つまりは投機の失敗による身内に作った借金について、最近こんな考え方はどうかと思っている。それは「私は商売を始めたが失敗した」という考え方。
普通、商売を始める時って、なんかしらの金融機関からカネを借りることが多いと思うが、私は身内から借りられたので、失敗はしたが傷は浅い、全然浅い。落ち込むに値しない。返済だってリスケのし放題。最悪、返せなくったって、失うのは身内からの信用だけ。

いや、実は・・・。以前、妹に調子に乗ってこんな提案をした。
借りてる300万に年4%の利息(12万)を払う。これでお前は債権者だ。金貸しだ。これから20年間、利息を受け取り続けても、元金は300万のまま。すごいぞ、お前!
これに妹は同意した。私は気分的に楽になった。しかも20年も経てばインフレが進んで300万なんてたいした額じゃなくなってるかもしれない。
少々図々しいが、300万て数字に悩んだり、気を揉んだりして今という瞬間瞬間をつまらなく過ごすよりよっぽどマシだ。
もっとも、理想としては来年中に投機に勝って全額返済だが。


また、投機には商売的視点・発想が大切なんじゃないかと最近よく思う。
自分で商売を始める場合、失敗した時のことをやっぱ考えると思う。いわゆる『マネー・マネジメント』ってやつ。今までの私は「勝負の前に負ける事を考えるな!」という精神論に固執し過ぎて、いくら負ける可能性があるか?という現実的な問題から目をそらしていた様な気がする。

来週から月~金曜の平日、私は自分で商売をやってるんだ、という気概をもとう。マネー・マネジメントもメンタル・マネジメントも全部、経営者の私がするのだ!って感じで。


T・クルーズの『ザ・エージェント』を久しぶりに観た。いいっすね。7点
10/03 23:42 |  | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://zensintoukika.blog25.fc2.com/tb.php/104-fa4ed0ed
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 hossy All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。